マンション経営のランニングコスト

###Site Name###

マンション経営をするためには物件を取得して維持管理をしていかなければなりません。
維持管理にかかる費用がランニングコストです。

実際にすべての管理を自分で行うのならランニングコストを抑えられることもありますが、多くの場合には管理会社に委託します。賃料管理や物件管理などを委託することによって、作業を軽減できるわけです。


この場合には、もちろん、手数料を支払わなければなりません。この手数料を管理料、あるいは管理委託料と呼び、その金額は管理会社によって異なりますが、だいたい家賃の5%くらいになることが多いです。



マンション経営をしていれば固定資産税を支払うことも必要となります。

固定資産税とともに都市計画税をし払うことも必要となります。
これは個別の状況で変わってきますから一概には言えないのですが、賃料収入の5%から10%くらい必要になることもあります。マンション経営では長期的な修繕を念頭に置いておかなければなりません。



長期的に見れば大きな修繕が必要になるシーンもあります。

このようなときのために修繕費用を積み立てておく必要はあるでしょう。



長期的な修繕計画を立てて、そのために必要な資金を少しずつ貯蓄していったほうが良いです。
それとともに、借り入れをすれば元金の返済や利息の支払などがあります。

借り入れを大きくすれば返済や支払いも増えますから、ランニングコストとしては非常に大きいものとなることもあります。